難読漢字 学ぶ・教える.COM  

難読漢字

 
学ぶ・教える.COM > 漢字 > 難読漢字 > に(1ページ)  
  難読漢字 - 五十音索引
           
                       
  【 に 】
                                         
 
 
見出し語 読み 意味・解説
新嘗祭 にいなめさい 天皇が行う宮中儀式の一。「しんじょうさい」と読む場合もある。
煮え滾る にえたぎる 煮えかえる。
苦汁 にがり 海水から食塩を析出した後の残液。「くじゅう」と読んで異なる意味で用いる場合もある。
滷汁 にがり 海水から食塩を析出した後の残液。「ろじゅう」と読んで異なる意味で用いる場合もある。
にかわ 動物の骨・皮などを煮た液体を冷やし固めたもの。「こう・やに」と読み異なる意味で用いる場合も。
面皰 にきび 若者の皮膚にできる吹き出物。「めんぽう」と読む場合もある。
賑やか にぎやか 人が多く活気があるさま。
煮凍り にこごり 魚の煮汁が冷えて固まったもの。
煮凝り にこごり 魚の煮汁が冷えて固まったもの。
煮零す にこぼす 煮ている途中で煮汁を捨てる。
和やか にこやか にこにこしているさま。やわらかなさま。
和毛 にこげ やわらかな毛。
滲む にじむ 液体がしみて広がる。
煮染め にしめ 濃い味付けで野菜・こんにゃくなどを煮た料理。
廿 にじゅう 二十。
躙る にじる 膝を使って少しずつ進む。
躪る にじる

膝を使って少しずつ進む。

二進も三進も にっちもさっちも どうにもできないさま。
入唐 にっとう 日本から唐に行くこと。
睨む にらむ 鋭い目つきで見る。見当をつける。
にわか 突然。
大蒜 にんにく ユリ科の植物。鱗茎を香辛料などに用いる。「おおびる」と読む場合もある。
忍辱 にんにく 侮辱や苦しみを耐え忍ぶこと。
にんにく

ユリ科の植物。鱗茎を香辛料などに用いる。「ひる」と読む場合もある。

にんにく ユリ科の植物。鱗茎を香辛料などに用いる。「ひる」と読む場合もある。
 
 
 
 
次へ →
 
 
 
注) 見出し語の一部は、画像で表示しています。
 
 
Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.